野球肘の改善なら大野城市にあるすみ整骨院

受付時間

〒816-0904 福岡県大野城市大池1丁目7-25 駐車場8台完備

092-558-5643

野球肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肘の内側が痛い・腫れている。

  • 投げるときに肘が痛む。

  • 肘が曲がらない・伸ばせない。

  • 安静にしているが肘がだるい・重い。

  • 時々小指側に痺れがある。

野球肘はなぜ起こるのか?その原因とは?|大野城市にあるすみ整骨院

野球肘は正式名称は「離断性骨軟骨炎」と呼ばれていて、今回の症例にもあるように特に野球をやっている10歳から16歳に起こりやすくその中でも投手に起こりやすいとされています。キャッチャーやショート、サードも比較的に多いと感じます。

 投球動作は大きく3つに分かれていて、投げ始めるところを「コッキング期」、投げている途中を「アクセレレーション期(加速期)」、投げ終わったところを「フォロースルー期」と言っていて、この3つの中のアクセレレーション期の際に肘の内側への力が加わりやすく、この動作を繰り返すことで肘の内側に存在する筋肉や靭帯が伸ばされ続け、そこで炎症を起こし痛みや腫れが出てきてしまう疾患です。

 重症になると、筋肉や靭帯の付着部に牽引力(引っ張る力)が働くため裂離骨折を起こしたり、骨と骨同士がぶつかりあったり擦れ合ったりすることで剥離骨折・疲労骨折が起きることもあります。

野球肘が改善しない理由とは?|大野城市にあるすみ整骨院

大きな理由としては、オーバーユース(使いすぎ)からのクールダウンアイシングストレッチなどを日頃から怠っていると、野球肘が起こりやすい原因にもなりますし、悪化する原因にもなります。他にも投げる際のフォーム(例:肘が上がっていないなど)や肩や股の関節や筋肉の硬さがある人なども改善しない限りどんどん悪化していく原因になります。

 ストレッチをする際もただやれば良いというわけでもなく、自分のどこの筋肉が硬いのか、どこの筋肉をいっぱい使ったかなどしっかり見極めることが重要になってきます。

 投げる際のフォームなども一人一人違いがあり、その人に合った形があるため指導者や保護者がしっかり見てあげる必要があります。

野球肘に対する治療法は?|大野城市にあるすみ整骨院

 福岡県大野城市のすみ整骨院ではまずはどのくらい症状が進んでいるのかを問診の際に診ていきます。そして投球動作や身体の歪みやバランスチェックします。

 体にゆがみが強く肩甲骨や筋肉が硬い場合、正しい投球動作ができなくなっている場合も多いのです。肘の痛みだから肘の治療ということではなく全身の症状として施術を行います。

  野球肘は症状が悪化していくほどその子にとっての将来にかかわってくる疾患です。

 早期に治療することによって悪化するのを防ぎ、同時にどうすれば正しいフォームになるのかやストレッチの指導なども行っていきます。

すみ整骨院へお気軽にご相談ください。092-558-5643