足首の捻挫の改善なら大野城市にあるすみ整骨院

受付時間

〒816-0904 福岡県大野城市大池1丁目7-25 駐車場8台完備

092-558-5643

足首の捻挫(靭帯損傷)

こんな症状でお悩みではありませんか

捻挫

  • スポーツで足を捻って足を地面につけることができない。
  • 病院で骨に異常はないけど靭帯を痛めていると言われた。

  • 捻挫してからずいぶん経つのに足をつくとまだ痛い。

  • 何でもない所でもよく足を捻る。

  • 早く痛みを取って練習や試合に出たい。

捻挫とは?捻挫を繰り返すには原因があるの?|大野城市にあるすみ整骨院

一般的に足首の捻挫とはレントゲンを撮影した際に、骨に異常がなく、前脛腓靭帯・前距腓靭帯・後距腓靭帯・踵腓靭帯・二分靭帯・三角靭帯と言われる靭帯が部分的に、且つ断裂した状態を指します。

何度も足を捻る方は過去に捻挫をした際にきちんとした施術が行われず、足首の中が捻じれ正常に動いていない場合、または歪みや癖で足首が内側に捻じれたまま歩かれている場合もあります。
この状態のままだと、今後も繰り返し捻挫を引き起こし、日常での痛みが当たり前になってきます。

また捻挫を繰り返してそのたびに痛みが出るということは、炎症を繰り返し起こしているということです。

炎症はその組織を治そうとして起こっている為、繰り返し起こすとより強い状態にしようと過剰に組織を形成するようになり、骨や筋肉、靭帯が硬くなったり、分厚くなります。

そこで起こってしまうのが変形性関節症です。

足首が変形してしまうと、もう元の状態には戻せません。

早期回復が求められるため、早めの来院をおススメします。

足首の捻挫(靭帯損傷)が改善しない・足首の捻挫が悪化する理由とは?|大野城市にあるすみ整骨院

病院でギプス固定をして、治療院でテーピングをしてもらったけど痛みがなかなか取れないという患者様は非常に多いです。

なぜ、固定してもらったのに痛みが取れないのか?

答えは足首の中が捻じれたまま固定してしまったからです。

もしこれをいつか治ると思って無理していくと足首が上にも下にも動かせなくなる場合があります。

実際にそんな患者様を沢山見てきました。

福岡県の大野城市大池にあるすみ整骨院では、早期の施術を受けられることをお勧めします。

スポーツをやっている学生さん、社会人の方はもちろん、日頃の生活で痛みを感じている方々、5年後、10年後はどうなっているでしょうか?

捻挫はしっかりと対処しなければ、完治が難しい怪我のひとつです。

このくらいの痛みなんか耐えられる」ではなく、「今後これ以上悪くなる前に一回診てもらおう」くらいの気持ちでいいので、早めに来院してください。

足首の捻挫(靭帯損傷)に対する治療法は?|大野城市にあるすみ整骨院

福岡県の大野城市大池にあるすみ整骨院では、捻挫で来院された場合には、まず骨折の疑いがないかチェックします。

疑わしい場合は超音波画像診断装置(エコー)で観察し、そこで更に骨折の可能性があれば提携の整形外科に検査をお願いします。

骨折があった場合でも、すみ整骨院で治療をすることが可能です。

骨折がない場合は、足首の中が捻れたり引っかかって関節が動けなくなっていないかを判断します。

もし足首の中に問題があれば、関節にアプローチし、関節を整えてから固定します。

治療は関節の調整、超音波治療、テーピングなどを組み合わせて行っていきます。

これらの施術をする事で、足首の捻挫のほとんどは足をついて歩いて帰ることが可能です。

痛みや腫れの強い場合は松葉づえの貸し出しも行っています。

あくまで目安ではありますが、治療期間は軽い捻挫では3日から1週間、少しの腫れた捻挫で10日から2週間、腫れがひどい場合での捻挫で3週間から1か月となります。  

もし、御自身の足首に捻挫の疑いがある、また足首に違和感を抱えておられましたら、お気軽にご連絡下さい。

福岡県の大野城市大池にあるすみ整骨院があなたを全力でサポート致します!

すみ整骨院へお気軽にご相談ください。092-558-5643