肘内障でお困りなら大野城市にあるすみ整骨院

受付時間

〒816-0904 福岡県大野城市大池1丁目7-25 駐車場8台完備

092-558-5643

肘内障

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 子供の手を引っ張った後肘が痛いと言って動かさない
  • 朝肘を押さえて痛いと言いながら起きてきた

  • 肘の曲げ伸ばしが出来ていない

  • 一定の角度で肘関節を固定している

  • 腫れたり赤くなっていないが痛みを訴えている

肘内障はなぜ起こる?|大野城市にあるすみ整骨院

 2歳~4歳の幼少期に起こる特有の障害で、発生頻度も非常に高く多くの場合、親が子供の手を引っ張った際に発生します。他にも寝ている時、腕を身体の下にして寝返りなど体勢を変える際に自身の体重で腕が引っ張られてしまい発生することもあります。

 ではなぜこの時期の子供に起こりやすいのかというと、この時期の子供たちは関節をはじめとする身体の発達途中であるため、軽い外力でも緩くなっている関節であれば抜けやすくなっているので、気を付ける必要があります。

肘内障が改善しない・悪化する理由とは?|大野城市にあるすみ整骨院

 改善しない理由としては、まずお子様の関節の形状や性質によるものが一つ考えられます。もともとの関節の形状や性質はお子様によって多少違いがあり、そのために脱臼を起こしやすかったり、変形が残りやすいなど一人一人症状が変わるので、その子に合った治療をしてあげないと改善しないのです。

 あと一つあげるとすれば、保護者が今回の疾患に対してどれくらいの理解があるかなどが重要になってきます。お子様が自分の肘関節がどのようになっているかなど理解できる年齢ではないので保護者の方々がしっかりと理解し、今後肘内障を再発させないようにすることが大切です。

肘内障に対する治療法は?|大野城市にあるすみ整骨院

 まずどのようにして痛くなったのかを確認し超音波画像診断装置(エコー)を使って肘内障であるかどうかを問診の際に診させていただきます。肘内障と判断できた場合は当院で整復を行い、今後肘内障を起こさないようにするためにはどのようにすればいいのかなどを指導させて頂きます。

 肘内障は整復をしっかりしてあげることで痛みはすぐに引き、肘関節もすぐに動かせるようになるので、お子様が肘の痛みや動かしにくさを訴えていればまずすみ整骨院にお越しください

 

すみ整骨院へお気軽にご相談ください。092-558-5643