手首の捻挫の改善なら大野城市にあるすみ整骨院

受付時間

〒816-0904 福岡県大野城市大池1丁目7-25 駐車場8台完備

092-558-5643

手首の痛み(手関節捻挫)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手をつくと手首が痛む
  • 何もしていないのに手首に違和感がある

  • 物を持つときに手首に痛みがでる

  • ボールを投げたりキャッチする際に手首が痛む

  • 早く手首の痛み・違和感をとってスポーツ復帰したい

捻挫が起こるメカニズムとは?|大野城市にあるすみ整骨院

 捻挫とは何なのかというと、主に関節部に多くみられるケガで、その関節の正常な可動域以上に動きが強要され靭帯や腱、関節包といった関節を支持している組織に損傷が起きたり、断裂が起きたりするものです。転倒して手を衝いた際に痛めたり、物を運んでいる際に重すぎて落としそうになり持ち替えようとしたときに痛めたりと捻挫が起こるメカニズムは多く存在しています。

 今回の「手首の痛み」に関して言うと、捻挫とはまた違う疾患が多くあり良く間違われやすいので、しっかりと見分ける必要があります。ですので、これからいくつか捻挫と間違われやすい疾患を紹介していきたいと思います。

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)について|大野城市にあるすみ整骨院

 そもそもTFCC(三角線維軟骨複合体)とは、三角線維軟骨と言われるものとその周りの色々な靭帯などを含んだもので構成されています。

 どうやって起きるのかというと、転倒し強く手を衝いた際や手首から前腕に強くねじれる力が働いた際(特に手のひらが下を向く様な動き)に起こるものと、手首の使い過ぎやちょっとした変形があるときに軽い力で発生するものがあります。症状としては小指側の手首の痛みや手のひらを上に向けたり下に向けたりする運動の際に痛みや変な音がなったり、手を小指側に曲げたりすると痛みが強くなったりする。 

ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)|大野城市にあるすみ整骨院

 ド・ケルバン病とは、親指を外に広げると2本もしくは3本出る人もいますが、皮下に少し硬く直接触れる線のようなものが浮いてきますよね?それが「腱」と言われるものです。その腱がいくつかある内の親指を外に開く作用がある「長母指外転筋」と、親指を伸ばす作用がある「短母指伸筋」と言われる2つの筋の腱のところで炎症が起きてしまい痛みや動かしずらさが生じてしまう疾患です。

 50歳代や20歳代の女性に多いのが特徴ですが、手の使い過ぎやスポーツ、指を多く使う仕事(デスクワークなど)をしてる人などにも多くみられています。

すみ整骨院へお気軽にご相談ください。092-558-5643